英語を使った仕事

スポンサーリンク
blog5

「お金のかからない英語勉強法」というより、「お金の儲かる英語勉強法」としてお勧めしたいのが、この英語を使った仕事です。英語を学ぶのが第一目的ではありませんが、仕事をして業務経験を得て結果として英語を学べ、さらにお金まで儲かるという画期的な英語学習法です。ちょっとした根性とやる気があれば英語能力に関わらず誰にでもできます。私自身翻訳業務や、海外での勤務経験がありますが、これほど恵まれた英語学習環境はないのでは?と思えるほど、英語学習には理想的な環境でした。もちろん、苦労する事もありますが、逆に言えば語学学習とは苦労して当たり前と割り切ってしまえば、お金の心配や、勉強時間を割く必要も無いので、大変効果的かつ、効率的な英語学習法です。以下に英語を使った仕事を探せる情報サイトをご紹介しますので、一度情報を集めて見てはいかがでしょうか?

海外ビジネス武者修行プログラム・・・大学生向けの海外インターンシッププログラムです。英語だけでなく、実践的なスキルが身につくので実践的な技能が身につきます。私自身多くの東南アジアの国々に行き、ビジネスに携わった経験がありますので、学生時代に同じような体験ができるというなは大きな魅力だと思います。

海外有給インターンシップ・・・アメリカ現地企業のインターンシップを経験できるサービスです。派遣企業は2000以上のホストカンパニーから選択され、海外企業での職務経験を有給で得られます。資料、カウンセリングを無料で受けることができます。

翻訳者ネットワーク「アメリア」・・・英語を使った仕事として代表的なのが、翻訳という仕事です。翻訳専門の会社に勤めるのも手ですが、フリーとしても仕事ができますので、将来独立できるという点でも魅力的な仕事です。翻訳関係の仕事を目指すのであれば、大変有益なのがこのサイトです。翻訳の仕事はもちろん、翻訳関係の様々な情報を得ることができます。

DODA・・・全求人情報の80%を占める「非公開求人」情報を得られるサービスです。キャリアコンサルタントに相談に乗ってもらえる上、職務経歴書の書き方、面接のアドバイスをもらうこともできます。私自身もこのようなサービスを利用したことがありますが、一人で悩みがちな就職/転職活動の中では大変頼りになります。サイトでは「詳しい条件で探す」をクリックし、「語学」の「英語を活かす」をチェックすれば英語を使った仕事を見つけることができます。

リクナビNEXT・・・国内最大級の転職サイトです。私自身もここで仕事を探したことがありますが、求人数も多く非常に使い易いサービスです。まずは自分の希望する職種を選び、最後に「英語」で検索すれば、英語を使った仕事を見つけることができます。とりあえず登録しておきましょう。

マイナビ転職エージェント・・・いきなり外資系に就職するのもよいですが、長い目で人材を育成してくれる傾向のある日本企業で英語を使った仕事をしてみるのも効果的です。トップページの「さらに詳しい条件で検索する」をクリックし、「海外勤務あり」や「社内での英語利用あり」を選んで検索すると、英語力を活用した求人を見つけることができます。

Japan Times Jobs・・・英字新聞で有名な「Japan Times」の運営する求人サイトです。英語を使った仕事を職種別に探すことができるので大変便利です。ある程度英語力に自信のある方向けです。

スペースアルク国際派就職・・・英語教材で有名なアルクの運営する求人サイトです。「国際派」というだけあって、国内、海外を問わず語学を生かした仕事を様々な基準で検索することができます。語学を生かした仕事を探している方々は必見のサイトです。

Daijob.com・・・バイリンガルのための転職情報サイトです。主に外資、IT、エクゼクティブを対象にしているとのことで、敷居は高い感じはしますが、一般の日本語の求人サイトと同様に、マイページでの履歴書保存、スカウトメールの受け取りなど様々な機能がありますので、バイリンガルの方が本気で転職先を探すには、大変便利なサイトです。

Jobba.net・・・「英語を使って仕事をしたい」ではなく、「日本語を生かして海外で活躍したい」方のための求人サイトです。つくり的には多少雑な感じがしますが、コンセプトとしては面白いと思います。日本は未だに世界的には経済大国ですので、日本語能力のあるスタッフを探している会社は世界中にたくさんあります。そのような会社で日本語を生かしながら英語を学ぶのも一つの手段だと思います。

Bilingual Search.com・・・英語サイトですが、バイリンガル専門の求人サイトです。日本人としては当たり前に持っている「日本語力」を売り物にして働くことができるので、日本人にとってはこの上なく魅力的なサイトです。ただし、「バイリンガル」ですから、ある程度の英語力は必要です。少しでも英語力があると思われるは、試して見てはいかがでしょうか?もちろん、サービス自体は無料で使えます。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする