英語を学習する意義

英語に限らず何を勉強するにしても、最も重要なのはモチベーションであり、いかにモチベーションを維持するか?という事が最も重要だったりします。

モチベーションを維持するためというわけではありませんが、これまで何度も本ブログで書いてきたとおり、実務能力が高い方ほど、それにプラスして英語力をつけると付加価値が高まるということは強調したいと思います。

私自身、英語力を向上させるため日々鍛錬しておりますが、やはり、それだけではネイティブや帰国子女には遠く及びません。

しかし、日本の教育、さらには日本企業(日本にある外資系でも同様だと思いますが)で培ってきた、実務能力あるいは日本における商慣行やビジネスマナーなど、英語力だけでなく彼らにない強みを身につければ、これが大きなアドバンテージになることは間違いありません。

特に、国際化したとは言え、未だに多くの日本企業は国際化からは程遠い状況にあると思います。その中にどっぷりつかり(?)、業務上の多くの面に精通した上で、英語がある程度できれば、その会社はもちろん、他の典型的な日本企業においても、能力を発揮する機会は十二分にあると思います。

英語力をつけるのは簡単ではありません。それはこのブログでも述べてきたとおり、私自身未だに日々感じていることです。ただ、その苦労に見合う価値は十分ありますので、ぜひモチベーションを維持して頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3