英会話における円安の影響

相変わらず円安が進行しております。一方で株高も進行してますので、日本経済にとっては悪いことではないのかもしれません。では、英語学習環境に対する影響はどうでしょうか。

まず、オンライン英会話業界に対しては明らかに悪い影響があると思われます。なぜなら、ある意味円高の恩恵を最大限に活かした業界であるがゆえに、反対方向に振れるとその強みを発揮できないと思われるからです。

実際私が毎日受講している某オンライン英会話スクールの先生によると、「給料は減らないが、インセンティブが減った」との事です。確かに、何人かの先生の授業は減りましたし、いなくなってしまった人もいます。現在のところオンライン英会話学校はブームで乱立してますのが、近い将来、少数の有料スクールに集約されるのは確かだと思います。

すると、レッスンのクオリティーが上がるとともに、料金も上がることでしょう(今の牛丼業界が良い例です)。一方で円安なわけなので、外資系、もしくは英語が必要とされる業務の給与がそれ以外の業務の給与と比較して上がり、格差が広がると思われます。

それを見越して、私は今のうちにオンライン英会話を受けられるだけ受けてますが、これは私自身、英会話レッスンは質よりむしろ量が大切だと感じているからです。私の意見に同意してもらえる方々には、是非今のうちに格安オンライン英会話レッスンを受けられるだけ受けることをお勧めします。

ちなみに当サイトお勧めのオンライン英会話はDMM英会話です。クオリティーはもちろん、料金設定が良心的です。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3