「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」を英語で言うと?

マックの業績が芳しく無い様で、これまでの成長の立役者であった原田泳幸氏をはじめ、経営陣を刷新するとのニュースがありました。

<日本マクドナルドHD>CEOにカサノバ氏 原田氏会長に

長年マックを愛用している私としては、ぜひこれから立て直しに向けて頑張ってほしいところです。

まずいまずいと言われますが、やはりあのボリューム感、ポテトの食感、セットのお得感は(私にとっては)他のファストフード店の追随を許さないものがあります。

それはさておき、マックといえば何よりその世界中に張り巡らされた店舗網には定評があります。私も大分お世話になりましたが、世界中どこへ行っても大抵マックがあり、定番メニューが食べられるという安心感は何物にも代えがたいものがあります。

いきなりですが、ここで質問です。

日本ではマックへ行くとカウンターで店員が注文を聞いた後、「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」と聞いてきますが、英語では何と言うでしょうか?

多少海外経験のある方であれば、すぐにピンと来ると思いますが、答えは「Here or to go?」です。

これは主にアメリカの例ですが、実は海外でも場所によって多少バリエーションがあります。

私が行ったことのある東南アジアのある国だと、「Stay here or take away?」と言ってました。

「To eat in or take away?」というのもある様です。

これは私も日々感じていることですが、同じ英語でも場所によって発音はもちろん、フレーズや、場合によってはスペルも変わってきますので、本当に世界語としての英語をマスターしようとすると、結構大変だなと思ったりします。

逆に言えば英語は多種多様なのだから、多少のミスは気にせず堂々と日本人英語を喋れば良いのではないかと、前向きに考えてみるのはいかがでしょうか。

以上、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3