一人英会話とは?

英会話とは「会話」というだけあって、当然何人かの人々が寄り集まって話をすることです。

というわけで、一人英会話という言葉自体が矛盾しており、おかしな言葉ではあります。

まあ、今さっき私が作った言葉なのでおかしいのは仕方ないとして、何がいいたいかといいますと、英会話上達法のひとつとして、この一人英会話が大変役に立つというお話です。

もしかしたら、当サイトの他のページでも紹介しているかもしれませんが、英会話を練習するのに必ずしも他人と話す必要はないという事です。

自分の身の回りで起こっている事を、われわれは通常日本語を使って言語化し、認識しています。

このプロセスをそのまま英語に置きなおしてやってみると、何とそのまま効果的な英語学習法になってしまうのです。

道具も何もいりませんし、当然お金もかかりませんから、すぐに実行することができます。

もちろん間違っていてもかまいません。とにかく英語で何かを表現するということに集中して、身の回りのことをどんどん英語化していきましょう。

なぜ過去にも取り上げたかもしれない、この「一人英会話」を再度とりあげたかといいますと、つい最近何気なく本屋で見つけた本でこの方法が取り上げられていたからです。

その本はあの有名な日本マクドナルドの社長原田泳幸氏が書かれたものなのですが、原田氏が英会話を習得する上で、もっとも効果的だったのが、この一人英会話だったというのです。

もちろん意味不明な「一人英会話」という言葉は使われていませんが、要するに周囲で起こったことを頭の中で英語化するという練習が、英会話を習得する上で大変効果的だったということを書かれていました。

これは私自身も経験があり、また今でも実行していることなので、とても共感できました。

英語を習得しようと日々がんばっている皆さんにも、ぜひお勧めの勉強法です。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3