留学と英語力の関係

(語学留学ではなく)留学するのに英語力が必要なのは当たり前ですが、どのくらいの英語力があれば良いのでしょうか?大学か、大学院留学かで必要となる英語力も変わってくるかと思いますが、いずれにしても留学を最大限に活用したいのであれば、英語力は「あればあるほど良い」ということになります。

私はアメリカの大学院留学経験があるのですが、留学前は英語圏への海外旅行はもちろん、英会話スクールなどへも行ったことがなく、そもそも「英会話」自体をほとんどしたことがありませんでした。ただ、読解中心のいわゆる「受験英語」はそれなりに自信があったので、行けば何とかなるだろうという軽い気持ちで留学してしまいました。

実際現地に行ってみると、日本である程度の準備はしていったものの、寮の手配から、受講科目選定等のためのアドバイザーとの面談、生活で必要な諸々の手配など、いきなり高度な英語力が必要になりました。無謀にも外国人用の英語スクールにも行かずにいきなり大学院だったため、その後の学生生活は毎日が英語との格闘の日々でした。

もちろん、大学院留学にせよ何にせよ(語学留学は別ですが)英語力の向上は目的のひとつだとは思いますが、行けば自然に英語力がつくと考えるのは甘いといわざるをえません。特に大学院留学の場合、学期が始まってしまえば、英会話の練習をしている暇などありません。私の行った大学院は日本人は私一人で、しかも外国人の非常に少ない保守的な田舎の学校だったので、外国人が変な発音で英語をしゃべっても、理解してもらえないどころか、笑われてしまうような場所でした。

あまりのしんどさに、一度教授に私は外国人で授業についていくのが難しいのだが、何とかなりませんでしょうか?という感じで相談に行ったのですが、「あなたは大学院生でしょ?英語がわからないなんて言い訳になりません」と冷たく言われてしまいました。我ながら甘い相談をしに行ったとは思いますが、それだけ追い込まれていたので、この冷たい対応はこたえました。

とにもかくにも、あの手この手をつかって(?)何とか卒業することができたのですが、これらの経験から、これから留学される若い方々(若くない方も同様ですが)にアドバイスするとすれば、繰り返しになりますが「留学前に英語力を伸ばせるだけ伸ばしておきなさい」ということです。目安として大学院留学であれば、昔のTOEFLの点数で600点はほしいところです(私はありませんでしたが・・・)。英語力、英会話力があればあるほど、留学してから有意義な時間がすごせると思いますので、日本にいる間にやれるだけのことをやっておいてください。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3