転職のコツ(2)

前々回(?)書いた転職のコツの続きです。

コツというか、実際は英語を使った転職の現状分析という感じですが、いずれにしても英語力は転職・就職活動では大きな武器になります。これは英語力の程度にもよりますが、要するに日本人の英語力が全体的に低いため、それなりに英語力がある人は相対的に非常に好意的に評価されるという事です。

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、実際は皆さんが思う以上に英語力は日本企業において評価されていると思います。これは経済のグローバリゼーションが根本的な原因ですが、私自身が身をもって体験していますので自信を持って言えます。

ただ、前回も書いた通り英語力プラスアルファがあれば、非常に大きなアピールポイントになります。Aが英語力、Bがそれ以外のスキルだとすると、A+Bではなく、A×Bの分だけ実務上はもちろん、就職・転職の際も非常に高く評価されます。

なぜ英語力プラスアルファの専門性が大きな武器になるかというと、英語というのは韓国語などとは異なり、日本語に対してone to oneの関係でなく、one to manyの関係だからです。要するに日本語から翻訳・通訳する際に、韓国語など言語の成り立ちそのものが日本語と近い言語の場合、単語をそのまま置き換えれば(たぶん)よいのに対して、英語の場合は言語の成り立ち、文化的背景が全く異なるため、日本語の内容をいったん自分なりに理解した上で、ロジックそのものを組み立てなおさなくてはならないからです。

そのため、通訳をする際は単純に専門用語を覚えるだけでなく、内容をきちんと理解できるよう背景となる知識も必要になってくるのです。したがって単純に英語が得意な人よりも、専門分野にも精通した人間の方が、色々な意味で活躍の場が広がるということです。

この続きについてはまた次回以降に書きたいと思います。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3