転職のコツ

私が当サイトで以前から主張強いる通り、英語をマスターする上で、実際に英語を使った仕事に就くという事は、ある意味最も効果的な手段の一つです。

何しろ、日々強制的に英語を使わなくてはならない環境におかれるわけですから、努力しないわけには行かなくなります。ある意味大変きついですが、その分効果はあります。

ただ私自身、転職活動を人並み以上にした身からすれば、転職活動をする上で、いくつか気をつけていただきたい点があります。

まず、自分が絶対的に自信がある職務内容で探すのか、それともあまり自信がない職務内容でさがすのかという点です。

英語がそれほど自信がないのは仕方がないのですが、肝心の職務内容の点で自信がないのでは、話にならないということです。

私が日々主張している通り、英語は所詮コミュニケーションツールの一つですので、肝心の仕事ができる限り、英語力の不足は職場ではそれほど問題にされないと思います。

しかし逆のパターンで英語力がそこそこあっても、仕事ができないのでは話にならないということです。

ただしこれには例外があり、年齢が若くかつ長期的に人材を育成しようという気があり、余裕のある中規模以上の企業であれば、長い目で業務上の能力を伸ばしてくれる場合もあるので、一概にはいえません。

就職、転職活動については個人的に色々言いたいことはありますが、一般的な傾向はあるにしても、基本的にはケースバイケースで、一言では言い切れないものです。

これに関しては、また次回以降で詳しくご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3