通訳のコツ

英語が多少できる人は、仕事上の成り行きで通訳をしなくてはいけない機会が結構あると思います。英語ができるとは言っても、通訳を専門にやっているわけではないので、日英間の微妙なニュアンスの違いを表現するのに苦労した経験がある方も結構いるのではないでしょうか?私もその一人なのですが、そこで役に立つのがこの本です。

自分ではそれなりに英語が得意なつもりでも、その場になってみると単純な表現がうまく訳せなくて困ることがあります。それは英語力の問題ではなく、通訳の「技術」の問題なのです。要するに英語をそのまま日本語に訳すのではなく、いったん英語にあった表現に直してから英訳すると、驚くほど簡単に適切な英語表現に直すことが可能になるのです。

私自身常日頃考えていたことなのですが、現役のプロの翻訳者の方が書かれたこの本を読んで、本当に目からうろこが出る思いがしました。専門の講座を受講することを考えたら、この本は翻訳のエッセンスを破格の値段で取得できる、少しでも実務上で英語を使用する人にとっては、必見の書だと思います。

中級以上の英語学習者、それも実務上で実際に英語を使う機会のある方には、是非お勧めの一冊です。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3