英語コラム19・・・日本の英語教育

久しぶりのコラムです。私は仕事上海外の人々と英語でコミュニケーションする機会が多くあります。そこで重要なのは、いかに自分の言いたいことをニュアンスを含めて正確に相手に伝えるか、ということです。語弊を恐れずに言えば、細かな文法上の間違いなどよりも、むしろ文法的に間違っていても良いから、相手に自分の言いたい事を伝える、ということが重要なのです。

言語はコミュニケーションの手段ですから、当然と言えば当然のことですが、一方で自分自身が英語を勉強して来た経験を振り返ると、それと反対のことをやっていたのでは?という疑念を覚えることも確かです。

現在英語に限らず学校で行われる試験問題の多くが、「選択式」問題です。つまり、与えられた選択肢の中から、正しい物を一つ選ぶという形式の問題ですが、この様な試験問題を繰り返し解いていると、必然的に創造的な能力よりも、「あら捜し」能力が助長されることになります。

結果、細かな文法的間違いに気を使うあまり、英語で自己紹介の一つもできない人間が、大量生産されるということになります。ここで私が言いたいのは、決して文法をおろそかにしても良いということではなく、優先順位の置き方が間違っているのではないか?ということなのです。

私たちは正確な日本語を話すことができますが、決して最初から正確な日本語を話していたわけではなく、教育から得た知識や、何より数多くの失敗を経験して得た能力です。この「失敗する」ということを許さないというか、過剰に重点を置く現在の英語教育は、明らかに優先順位が誤っていると言わざるをえません。

まずは、間違っても良いから英語で発言させる。その後で、誤りを訂正すると言うプロセスが、英会話の習得においては最も効果的です。これを実行できるのが巷にあふれる英会話学校であり、実はこの点を人々が認識しているからこそ、英会話学校がこれだけ流行っているともいえます。

もちろん外人講師がいるからこそできると言う言い訳も成り立ちそうですが、これは外人講師でなくとも誰でも出きることです。まずは日本人どうしで、英語を使ったコミュニケーションをさせるというのも効果的です。何より、「英語で表現したい」という気持ちを大切にした教育が、特に初期の英語教育においては最も大切です。日本人の英語力を本気で伸ばそうと思うなら、枝葉末節に過度に重点を置く今の学校教育を、根本的に見直す必要があります。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3