英語コラム14・・・2ちゃんねると当サイト

いきなりですが、「2ちゃんねる」上に当サイトに関する書き込みをしてくださった方がいらっしゃるようです。当サイトは、管理人がほとんど思いつきで書きたいことを書き連ねているだけのサイトですが、このように評価して宣伝までしてくださる方がいらっしゃるというのは、ウエブマスター冥利に尽きるというか、本当に感謝感激でありがたいことですね。大いにやる気を掻き立てられました。この場を借りてお礼申し上げます。

「お金のかからない英語の勉強法」というタイトルで作ってきた当サイトですが、実際のところ肝心の「英語の勉強法」を書いたところはあまり無く、ほとんどがこのような「英語学習に対する管理人の意見」を書き連ねただけのサイトとなりつつあります。これには管理人も大いに反省しているところではありますが、一方で、英語の勉強法はともかくとして、特定の教材の紹介や、さらには具体的な文法事項の説明などを書くことが、果たして読者の方々にとってそれほど価値があることなのかどうか、ということに関して大いに疑問もあります。

正直な話、そのようなことを書き連ねたサイトというのはネット上にいくらでも存在しますし、具体的な文法事項やヴォキャブラリーの説明などは、英文学専攻でも無ければ言語学の専攻でもない私なんぞがやったところで、たかが知れているわけです。大体、英語教育産業がこれだけ発達し、ありとあらゆる英語教材が氾濫している現在の日本において、そのような内容のサイトをさらにつくってみたところで、何の意味あるのでしょうか?

そのようなわけで、私としては自分自身の身の丈にあった、しかも何らかの形で人様のお役に立てるような内容と考えた結果、お金をかけずに英語を勉強してきた自らの体験、そしてそこから得られた教訓を基に、いかに英語を勉強すべきか、ということを書こうと考えたわけです。まだサイトを開いてそれほど月日はは経っていませんが、現在のところ予想をはるかに上回る方々が訪問して下さっております。

あるサイトの訪問者数とそのサイトのクオリティーは必ずしも一致しないかも知れませんが、もしある程度の評価を当サイトが得られているのだとすれば、それはやはり管理人の個人的なプライバシーや恥じらいを超えて、英語学習に対する私自身の率直な意見、体験を述べているからだと思います。インターネットの発達によって「2ちゃんねる」などに代表されるような、マスメディアというフィルターを通さない率直な意見の発信、交換が可能になり、結果として消費者にとってより公平で有用な情報交換が可能になりましたが、当サイトとしてはその流れの最先端を走っているものと勝手に思い込んで、これからも歯に衣着せぬ率直で正直な私自身の英語学習に対する意見を書き連ねて行きたいと思います。

なにか、また言い訳の羅列に終始してしまいましたが、そんなこんなでやっているサイトなので、出来れば応援よろしくお願いしますネ。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3