英語学習について5

ところで、英語がうまくなる方法は?という問いに対する最も適切な答えは、英語を好きになること!という、考えてみれば当たり前の答えになってしまうのではないでしょうか?物事は何でもそうですが、嫌いなものが得意になるということはありえないですよね?英語も同じで、英語そのものを好きになってしまうのが、上達には最も近道だと思います。

私の周囲を見た限りでも、英語が得意な人たちは、それこそ英語オタクの方々ばかりです。「日本に住んでいる日本人が英語を学んでいる」という条件がある以上、それこそオタク化して必死に英語漬けの環境に自らを投じること以外に、英語をものにする手段はないでしょう。

ここは、状況が全く異なるネイティブと比べても仕方がありません。生まれてから24時間毎日英語の中で暮らしてきた人間と、同レベルというか、対等にコミュニケーションできるだけの英語力を身につけるには、それこそ血のにじむような訓練が必要なのは言うまでもありません。

環境としては申し分のないはずの留学生たちであっても、本当に英語をものにできる人は、ごく少数だと思います。日本で普通に仕事をして日常生活を送っている一般の社会人が英語をマスターするというのは、限られた学習時間や環境を考えると、その困難さが容易に想像できます。だからといって、単純に英会話学校に通ったり、短期語学留学などをしたところで、上達はたかが知れています。

それなら、どうすればいいんだ!ということになりますが、これはもう地道に努力する以外に無いと思います。考えてみてください。何年間も海外に住んでいるのに日本の中学一年生ほどの英語力しかない遊学生たちが数多くいる一方で、海外に全く行かずにネイティブなみの英語力を身につけた有名な映画字幕作成者の戸田奈津子さんのような方々もいるのです。

安易な英会話や、海外遊学は百害あって一理無しです。ここはもう、英語と心中する(?)つもりで、覚悟を決めて取り掛かってみてはいかがでしょうか?今まで話してきたことと矛盾するようですが、やり方なんてどうでもいいんです。とにかく「今」できることをやってみてください。

私の場合ですと、とにかくリスニングを上達させたくて、暇があればとにかくFEN(今のAFN)を聞いていました。あれはなかなかオススメです。音楽が多いのが難点ですが、生のアメリカの英語を24時間聞くことができて、しかも1円もかかりません!「お金のかからない英語勉強法」としてはこれは五つ星級の学習法です。英語を本気でマスターする気のある方は、ぜひ今日から始めてください!ということで今回はこれまで。

スポンサーリンク
blog3
blog3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
blog3